FC2ブログ

プロフィール

<新大オリエン部HPへ> >

Author:nuoc
オリエンテーリングを楽しみませんか?
活動は月~金曜の毎日。
活動時間は午後4時30分から☆
五十嵐キャンパス、第二体育館前であなたを待っています!
木曜日は第二体育館で球技をして楽しんでいます。
ぜひ一度遊びにきてみてくださいね!!

新潟大学オリエンテーリング部ホームページはこちら


お問い合わせはinfo@nuoc.clubまで




新勧情報一覧は下の「カテゴリ」から[新歓情報]をCheck!


最新記事


カテゴリ


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏合宿報告

こんにちは。新潟大学オリエンテーリング部です。

私たちは8月14~18日にかけて毎年恒例の静岡での合宿に行ってきました。今年の夏合宿もいろいろあったなぁということで振り返ってみたいと思います。

一日目
例年は移動日となっている日ですが、今年は二日目に使うテレインのポスト設置をしようということになり(朝早く起きるのが嫌だという理由で)、いつもより早く移動することになった…のですが集合時間に間に合わない配車多数&現地は雨ということで大変な設置となりました(下道を併用するルートをとり、余裕をぶっこいていながら結局遅れた某同期は絶許)。設置には一回生が帯同し、雨の中のテレインを上級生と一緒に回りました。一回生も積極的に設置のノウハウや、地形について上級生に聞いたり、説明を受けたりと熱心な様子が見られました。

二日目
練習の初日のテレインは鳥追窪。天候は曇りで涼しいことには涼しかったのですが…午後にかけて霧が濃くなり(霧が出てきたな…)予定していたメニューを一部カットする事態となりました。練習風景は、一回生に上級生の指導が付きランクアップ合宿と比べより本格的な説明受け、密度の濃い練習をすることができたのではないでしょうか。午後からはミニレースを行いました。霧の影響でコースが短縮となりましたが、その中でも一部の一回生は一人で出走し、結構な人数がよいタイムで回りなかなかのポテンシャルの高さがうかがえるレースとなりました。

三日目
テレインは奇跡の森。この日の練習は基本一回生も一人で行いました。練習途中、一回生同士でルート検討している様子も見られしっかりと練習していたように見受けられたと思います。練習内容はサーキットに加え、コンピ、直進練習、ラインO、ペアOと多彩なメニューが用意され、各自の課題に応じてメニューをこなしました。午後にはファシュタ(マススタート形式の短距離のオリエン)を行いました。高速で走る中でのルートチョイスやコースの振り分けによる正しいルートどりの判断など苦戦した人も多かったと思います。本数も多く途中脱落した人もいましたが、走り切った方も多く、疲労もたまる中でハードな練習をこなしました。

四日目
合宿のメインイベントの新大杯。テレインは村山口登山道。直線距離10.9Km、登距離400mという過酷なレースでした。新潟大学最強の称号を賭けて戦った結果はこちら。

1 村田祐貴 2:35:07
2 清水健司 2:54:01
3 木村優治 3:06:00
4 清水浩太 3:10:46
5 鹿島健人 3:13:31 (新人1位)
6 小松和輝 3:14:41
7 小室祐貴 3:33:45
8 吉野拓海 3:35:11
9 片田裕太 3:36:06
10 高野兼也 3:53:48
11 小柏景司 4:13:21
12 小野澤清楓 4:21:43(群大OC)
13 岩崎光希 4:23:38
菅野柊斗 DISQ
高田和樹 DISQ
横田幸也 DISQ
新井琢也 DISQ
齋藤真矢 DISQ
郷尚之 DISQ
横濱太郎 DISQ
土田聡史 DISQ
中村祥太 DISQ
久須美裕 DISQ
六川尚矢 DISQ
廣瀬拓哉 DISQ
久保田詞也 DISQ
有本隆輔 DISQ

ここで、新大杯1位となった村田さんと新人1位となった鹿島君からコメントを頂きましたので掲載します。

新大杯1位 村田祐貴
今回のレースは序盤にとんでしまったのでゴールしても1位だと信じられませんでした。あきらめないって大事ですね。きつかった分得られたものも多かったです。
連日の雨にも関わらず内容の濃い素晴らしい合宿を開いていただいたことに感謝するとともに、まだまだ夏は長いのでロングに向けて十分に力をつけたいと思います。(脂肪はつけないように)

新人1位 鹿島健人
今回の新大杯は僕が今まで参加してきたレースの中で一番長いレースで、途中で何度も諦めたくなりました。ですが、せっかく静岡まで来たんだし、今回しか狙えない新人賞を取りたいと思い、完走することができました。その結果目標を達成することができたのでとても良かったです。次の大きな大会であるインカレロングには僕は参加できませんが、だからと言って気を抜かずにこれからもいい結果を残せるように頑張っていきたいです。

毎年新大杯はとてもハードなレースであり、更に今年はレースの途中に雨が降り出すという厳しいコンディションの中で4人の一回生が完走するという素晴らしい結果を出してくれました。今回走り切れた一回生は今後も自信を持ってオリエンを楽しんでいただけたら、と思います。また、残念ながら今回完走できなかった一回生も大勢いると思います。それでもこの3日間の練習を過ごしたという事実は偽りのないことなのでこの合宿で経験したことを次のオリエンで生かしてもらえれば、と思います。

最後になりましたが、忙しい中夏合宿の準備、運営をしてくださった幹事の皆様(特に技班長)。また、貴重な休みの日を使って新大杯の円滑な運営をしてくださったOB・OGの皆様。本当にありがとうございました。一、二回生の皆さんも合宿や大会運営の裏には多大な準備や苦労があるということを知っておくときっと幸せになれます。

文責:(3回生の方の)ksm
スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。